資源リオ、来年からWA州の新鉄鉱山を開発

英豪系資源大手リオ・ティントのジャック最高経営責任者(CEO)は29日、西オーストラリア(WA)州ピルバラ地区のクーダイデリ(Koodaideri)鉄鉱山の開発計画を承認したと発表した。来年から開発に着手し、2021年後半から採掘を開始する。開発費用は35億豪ドル(約2,897億円)…

関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:久しぶりに日本に一時帰…(06/17)

優秀な日本の住宅産業に学べ 日豪の業界団体が協力覚書(06/17)

NSW州政府、中密度住宅の建設促進へ(06/17)

豪高層住宅は欠陥だらけ!報告書が指摘(06/17)

豪準備銀、来年は史上最低0.5%に利下げか(06/17)

〔政治スポットライト〕金融相、所得税減税支持を求め労働党に圧力(06/17)

帝人、豪と共同でアジア向けに機能性大麦販売(06/17)

豪資源株が打撃か、ノルウェー政府が売却(06/17)

NABとCBA、預金口座の金利引き下げ(06/17)

豪中小企に低金利で融資、スイス系新興企(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン