• 印刷する

テイクオフ:師走に入り「新政権では…

師走に入り「新政権では初」という枕詞もそろそろ陳腐に聞こえてくる頃だが、今回は「初の年越し」。目まぐるしく動き続けた新政権の影響は大きく、来年から導入される施策も多い。身近なところでは、ホーカーセンター(屋台街)を含む飲食店での禁煙だろうか。

日頃お世話になっているママック(大衆食堂)では、店主が新米店員に「今は良いが、1月からは完全禁煙だ」と教育していた。盗み聞きしたところ、屋外でも喫煙できないという。

導入当初は混乱もあるだろうが、首相交代1週間でGST(消費税)撤廃を発表し、事業者も市民も右往左往しながらも乗り切ったマレーシアには、このぐらい朝飯前。世の中が本格始動する1月の第2週には何事もなかったかのように平常運転していそうだ。適応能力というか、何事も「エイヤ!」と推進する機動力の高さには感服する。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー系マレーシア人の…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

港湾規模の格差がさらに拡大 対シンガポール、国家政策が必要(02/21)

RM=27.2円、$=4.07RM(20日)(02/21)

KTM複線改良事業、工事費35%圧縮へ(02/21)

不動産市場は今年も低迷、供給過剰など影響(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

サンウエー建設、テナガ本社の改築受注(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

ボーステッド、ブキビンタンのホテル売却へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン