鉄道貨物輸送に一大転機 タイと連結、日系投資に弾み

カンボジアの鉄道貨物輸送が一大転機を迎えようとしている。内戦で破壊された鉄道路線の修復が2018年7月に完了し、年内にもタイと連結する見通しだ。在タイ日系企業の生産分業拠点である国境の街ポイペトも通過するため、部品輸送に活用することで日系投資に弾みが付きそうだ。地…

関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】外資100%出資、効果に限界 ゆがむ成長(1)投資判断どこで(06/19)

石油管理法案、国会で可決(06/19)

ロイヤル、シアヌークビル州に発電所建設へ(06/19)

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請(06/19)

タイとのQRコード決済、3行が主導(06/19)

オリンピア・シティーの高架歩道、今週開通(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

カンボジア投資のファンド業者に処分勧告(06/19)

ARB、カンボジア損保のシステム構築へ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン