• 印刷する

テイクオフ:監獄生まれの大統領と知…

監獄生まれの大統領と知る人は少ないだろう。スペイン統治時代の街並みが残る世界遺産の都市、南イロコス州ビガンにある元刑務所が、父親が所長を務めていた第6代キリノ大統領の生家だ。

彼の妻は地元で有名な大富豪シキア家の生まれで、邸宅は一般公開されている。キリノ氏は妻と子ども3人を日本兵に殺されるも、戦後の反日感情の高まるさなかに日本人戦犯を恩赦により解放したそうだ。

聖ポール大聖堂の司祭は、街が戦禍を逃れたのは日本人将校のおかげだと教えてくれた。日本人観光客はバギオを好むと司祭はいう。マニラからビガンへは陸路で11時間と不便だが、知られざる歴史が色濃く残っている。

石造りと木造が混ざった建築様式はビガン特有だ。日が沈むと、馬車の音が響く石畳の通りにオレンジ色の街灯が溶け込み出す。別な国にいるような錯覚を何度も味わう場所だった。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

1月国際収支、3カ月連続の黒字(02/21)

20日為替:$1=52.060ペソ(↑)(02/21)

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(02/21)

通信会社変更しても番号そのまま、法が成立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

仏サノフィのデング熱ワクチン、登録を抹消(02/21)

コメ輸入規制緩和、来月5日に法律施行(02/21)

太陽光発電タルラック2、中国製パネル設置(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン