• 印刷する

電気自動車への課税検討、西ジャワ州知事

インドネシア西ジャワ州のリドワン・カミル知事は、州政府が電気自動車(EV)への課税を検討していることを明らかにした。新たな財源を確保することが狙い。28日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

リドワン知事は、地方税・地方徴収金法『2009年第28号』に基づけば、州政府もEVに課税できるとの見解だ。しかし、中央政府がEV関連規定を公布するのを待って、課税に向けて検討を進めるとの考えを明らかにした。

州政府は財源確保のために州条例『11年第13号』の改正を進めており、EVへの課税の他、自動車名義変更税(BBNKB)を2.5%引き上げることも計画している。現在の税率は、自家用車、社用車、公用車、警察・軍用車両1台目の名義を変更する場合10%。

EV関連規定をめぐっては、アイルランガ産業相が今月初め、EVの製造や開発に関わるインドネシア国内の企業を対象にした優遇策などを盛り込んだ大統領令を年内に発表すると明らかにしている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアの企業トップ、保護主義を警戒(13:43)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

テイクオフ:ジャカルタから上海行き…(06/18)

国内初のカプロラクタム工場 原料の自給化で石化産業強化へ(06/18)

首都で来月、中国製電気バスの試験走行開始(06/18)

5月の日系自動車販売数、18%減の7.9万台(06/18)

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(06/18)

バンドン空港から新空港へ路線移行を開始(06/18)

オラントゥア小売り強化、100店舗目を開業(06/18)

小売売上高指数、4月の伸び率は1桁台(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン