MPF受託会社から年会費の徴収検討、政府

香港政府は、強制退職年金基金(MPF)の受託運用会社(トラスティー)から登録年会費を徴収する検討に入った。MPFの監督機関、強制退職年金基金管理局(MPFA)の赤字を補塡(ほてん)するための原資とする考えで、受託資産の0.05%の徴収を目指しているとされる。ただト…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

中小の銀行融資審査、18年4Qは少し容易に(02/21)

反発、大湾区関連銘柄に買い継続=香港株式(02/21)

銀聯、旧正月の香港取引額が4割増に(02/21)

1月の訪日香港人3.9%減、再びマイナスに(02/21)

大湾区は「中国のEUに」、専門家(02/21)

大湾区の貿易にワンストップサービス、広東(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン