台湾半導体産業、AIと5Gがけん引役に

業界団体である台湾半導体産業協会(TSIA)の理事長で、ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の総裁兼副董事長を務める魏哲家氏は27日、「米中貿易摩擦は台湾の半導体産業にも大きく影響する」と指摘した上で、「人工知能(AI)や…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エバー、22日まで30便超欠航 CAがスト決行、労使交渉決裂(06/21)

テイクオフ:東シナ海と太平洋に挟ま…(06/21)

致伸科技、タイまたはベトナムに工場新設を検討(06/21)

中揚光電、7.7億元投じ台中の生産ライン拡張(06/21)

台湾大チームがベンチャー設立、米ファンド出資(06/21)

東元、1500万元で桃園に植物工場(06/21)

台湾カルフール、新モバイル決済サービス開始(06/21)

【アジア業界地図】 航空産業編(06/21)

PCホーム、韓国のハナロ流通とMOU(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン