18年成長率7.1%に上方修正 世銀予測、EU制裁検討は懸念

世界銀行は28日発表した最新の報告書「カンボジア経済観測」の中で、同国の2018年経済成長率が7.1%になると予測した。5月の前回見通しから0.2ポイント上方修正した格好だ。製造業と農業への海外直接投資(FDI)流入や公共事業の拡大、所得向上による内需の強さが成長をけん引…

関連国・地域: 中国カンボジア米国欧州
関連業種: 農林・水産建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】成長支える日本の「信頼」 ゆがむ成長(5)面で捉え商機に(06/25)

商業省、南部特区は「税回避地でない」(06/25)

独VW、SUVの新モデルを投入(06/25)

倒壊ビルの死者は28人に、首相が現場着(06/25)

シアヌークビル州に新知事、ビル倒壊受け(06/25)

ビル倒壊で日本料理店被害、家族3人軽傷(06/25)

人身売買の監視国に格下げ、米の評価に反発(06/25)

元記者2人の保釈条件撤廃請求、高裁が棄却(06/25)

【後発国の挑戦】中国、救世主か侵略者か ゆがむ成長(4)揺れる主権(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン