• 印刷する

買い物振興策、今年は3品目のみで実施へ

タイのアピサック財務相は年末の買い物振興策について、タイヤ、書籍(電子書籍含む)、一村一品(OTOP)製品の3品目のみを対象に実施する方針を明らかにした。国内の景気は回復しており、すべての買い物について実施する必要はないとしている。28日付ポストトゥデーが報じた。

タイヤは国産品のみ。天然ゴムの価格が下落しているため、ゴム農家の救済を目的に実施する。実施期間は12月15日~来年1月15日の1カ月間となる見込み。所得控除の上限は例年と同じ1万5,000バーツ(約5万2,000円)とし、枠が残った場合は翌年に持ち越すことができるようにすることも検討する。

過去3年はアルコール飲料やたばこ、燃料代などを除くすべての買い物を対象に実施しており、小売業界が今年も実施するよう政府に要請していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教のアザーン(…(02/20)

18年のGDP成長率は4.1% 民間消費けん引、6年ぶり高成長(02/20)

ポルシェ大幅値下げ、今年の販売目標650台(02/20)

マプタプット港拡張、PTT・ガルフが応札(02/20)

サラブリ県でスマートバス、4月に運行開始(02/20)

不動産仲介ERA、コンド開発事業に参入(02/20)

Q4に住宅譲渡が急増、ローン規制控え(02/20)

JBIC、外観検査デクシスのタイ事業支援(02/20)

EGAT、10年間で2兆円を設備投資(02/20)

タイオイル決算、在庫損失拡大で6割減益(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン