太陽光発電、山林荒廃など各地であつれき

韓国で林野を中心に太陽光発電所を巡る問題が後を絶たない。地元では発電所設置による山林の荒廃や山崩れを懸念する声が強く、住民との間であつれきが起きることも少なくない。28日付毎日経済新聞が伝えた。 産業通商資源省によると、韓国の太陽光発電所の設備容量は2017年末時点…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

韓国勢がEV電池の生産増強 LGが吉利と合弁、需要に対応へ(06/14)

韓銀の李総裁、年内利下げを示唆(06/14)

韓国―ノルウェー、北極研究の協力でMOU(06/14)

大企業の監査法人が来年一斉交代か、法改正(06/14)

現代・起亜、米自動運転オーロラに戦略投資(06/14)

韓国雑貨店「JAJU」、HCM市に初出店(06/14)

ルノーサムスンで賃金交渉妥結、労組スト撤回(06/14)

5月自動車産業、新車効果で生産・輸出増加(06/14)

SKC、EV電池用銅箔メーカーを買収(06/14)

LG電子、印発電所に冷房システムを供給(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン