中小企業の資金支援、融資に警鐘

ラオスの首都ビエンチャン選出の国民議会(下院)議員が、政府は中小企業への資金支援として、融資以外の方法を模索すべきだと警鐘を鳴らしている。中小企業の多くが返済能力に乏しく、原資が海外であることを批判している。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が28日伝えた。 同議…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の民法典、成立記念式典を開催(02/20)

ビナケム、ラオスのカリウム塩事業から撤退(02/20)

福祉政策予算の配分調整を、アジア開銀(02/20)

中国、ラオスに450万ドル支援(02/19)

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

ミャンマーとラオス、電力協力で閣僚級会合(02/19)

コネクターの瀚荃、下期にラオス工場稼働へ(02/19)

トンルン首相、公務員削減の加速を指示(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン