• 印刷する

テイクオフ:舌打ちは、自分にとって…

舌打ちは、自分にとっては「イライラした時や不快な時にする行為で、行儀の悪いもの」になる。だが、それ以外の「チッ!」に、日本国外でたびたび遭遇する。もちろんマレーシアでも。

よく利用するママック(大衆食堂)の店員は、注文を復唱して「チッ!」。みんなにそうするので、どうやら「承知した」という合図。歯科医院の受付ハンさん(仮名)は、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜さんそっくりな笑顔で「治療終了です(チッ!)、いつも時間厳守ありがとう(チッ!)。お知り合い紹介してね(チッ!)」。強めのチッ!に初めは戸惑ったが、決して悪意はない。

いつの間にか自分にも独自のチッ!が生まれていた。車の運転中、同乗者に指摘されて気がついたのだが、ウォッシャー液を出して窓の汚れが取れると「チッ!」。これは「おっしゃ!」の意。これから「チッ!」を収集・分析しようかと思っている。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビルの入館登録をするた…(02/19)

容積率の制限で地価低下も KL市、市場の持続的成長を模索(02/19)

りそなビジネスセミナー、2年ぶりに開催(02/19)

RM=27.0円、$=4.08RM(18日)(02/19)

タッチンゴーのRFID、登録者10万人突破(02/19)

MAB巡礼サービス、当面は既存機材で対応(02/19)

航空券予約は3週間前、木曜出発がお得(02/19)

サイバージャヤの開発事業、建設作業に遅れ(02/19)

エアビー、個人民泊の届出手続きせず(02/19)

従来型メディア広告、18年は9%減(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン