工業団地開発に9600億円投資、中国が検討

中国政府が、フィリピン政府と先週締結した合意書に基づき、同国の工業団地開発に総額84億米ドル(約9,560億円)の投資を検討しているもようだ。両政府は、高付加価値の産業育成に向け、全国に6種類の工業団地を開発する方針という。 28日付ビジネスミラーが伝えたところによると…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

タンドゥアイ、2年連続でラム酒世界一に(13:39)

PLDT、華為などと5G商用化で交渉(11:36)

テイクオフ:朝に台所でコーヒーをい…(06/18)

5月新車販売は3.1万台 商用車好調で4カ月連続プラス(06/18)

首都圏の空港開発全て許可を、商工会が要請(06/18)

首都郊外のコンテナデポ稼働率低迷、閉鎖も(06/18)

クラーク工業団地、物流以外の企業も誘致へ(06/18)

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(06/18)

4月の海外送金受取、4.0%増の24.4億ドル(06/18)

海外送金の銀行手数料、「法外な高さ」批判(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン