• 印刷する

刑務所の収容能力限界、内務省などが協議

カンボジアの刑務所の収容能力が限界に達している。内務省は法務省、関係当局らとともに、早急に協議の場を設ける方針だ。具体的な日時については今後詰める。クメール・タイムズ(電子版)が28日伝えた。

刑務局の広報官によると、刑務所では混雑に伴い入所者の健康状態に影響が出ているほか、矯正教育のための場所もないのが現状。入所者間のけんかも頻発しているという。同広報官は「裁判を迅速化するとともに、刑務所を増設することが必要だ」と述べた。

サル・ケン内相が11月上旬に発表した報告書によると、国内の刑務所28カ所の収容者数は3万1,008人。このうち71.9%に当たる2万2,295人が公判前の被疑者だった。同相は法務省と司法関係者らに対し、今回の協議では刑務所の混雑対策の一環として裁判の迅速化についても話し合うよう要請した。

刑務局が今年2月に発表した年次報告によると、2017年の刑務所の入所者数は前年比30%増の2万8,414人だった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】外資100%出資、効果に限界 ゆがむ成長(1)投資判断どこで(06/19)

石油管理法案、国会で可決(06/19)

ロイヤル、シアヌークビル州に発電所建設へ(06/19)

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請(06/19)

タイとのQRコード決済、3行が主導(06/19)

オリンピア・シティーの高架歩道、今週開通(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

カンボジア投資のファンド業者に処分勧告(06/19)

ARB、カンボジア損保のシステム構築へ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン