• 印刷する

テイクオフ:もはや一大撮影会だな―…

もはや一大撮影会だな――と感じたのは、元同僚の結婚披露宴。大きな会場で行なわれるタイの披露宴に出席したのは約10年ぶりだったが、この間にスマートフォンと交流サイト(SNS)が広く普及したためか、以前と比べるとより写り映えのよさが重視されるようになった印象。

入り口で新郎新婦がゲストを待ち受け、一緒に写真を撮るのは変わらないが、新郎新婦のプリウエディング写真を使った「インスタ映え」を意識したような撮影スポットがあったり、用意された小物を持ってポーズを取ると、3回連写された写真がその場でもらえ、下に新郎新婦の名が刻まれて記念品となるようなサービスもあった。

披露宴前後からSNSに次々と投稿されていく写真を見ていると、実際のうたげ以上にドラマチックな様子に驚く。後々残るのは写真と考えると、正しい方向性なのだろうか。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:果たして観光立国は正し…(06/19)

首都オフィス賃料、上昇加速 22年まで中心部の最上級物件が増(06/19)

住宅アセット、ローン規制で引き渡し20%減(06/19)

プーケットのコンド供給、過去7年で最高(06/19)

鹿島の複合開発、タイ系ホテル2軒が入居へ(06/19)

今年のバイク市場は2%減予測=カシコン銀(06/19)

タイとのQRコード決済、3行が主導(06/19)

SCGロジ、中国・越など海外事業強化(06/19)

スー・チー氏、ASEAN首脳会議に出席へ(06/19)

航空会社の重量計、商務省が検査実施へ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン