• 印刷する

プノンペンに観光専門学校、中国企業が開校

観光業界向けの人材を育成する専門学校「ワールドユース・ツーリズム・アンド・ホスピタリティー学校(WYTHS)」が26日、カンボジアの首都プノンペンに開校した。ニュースサイトの柬中時報などが伝えた。

開校当初の学生数は100人で、2019年9月には400人の入学者を募集する。中国・広東省のデベロッパー、広州粤泰集団が華人団体の五邑同郷会と共同で設立した非営利団体(NPO)が運営する。中国語、英語、コンピューター、ホテル接客などの課程を開設し、学費は無料だ。

粤泰集団の楊碩総経理(社長)は「インフラ整備に対する貢献の新たなスタートだ。教育や健康医療などの発展を通じ、カンボジアの経済と社会の持続的発展に貢献したい」と述べた。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地方政府の予算倍増へ 内務省、職員6千人も配置転換(02/20)

投資法改正が再燃、当局幹部が言及(02/20)

商業省、コメ輸出業者に新制度活用呼び掛け(02/20)

首都で渋滞深刻化、公共交通の利用進まず(02/20)

「法の支配」ランク、再びワースト2位(02/20)

サム・レンシー氏に追加容疑2件、調査終了(02/20)

小口金融AMK、信用機構と提携し情報開示(02/20)

福祉政策予算の配分調整を、アジア開銀(02/20)

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン