• 印刷する

17年度の外資撤退32社、ヤンゴンが過半数

ミャンマー投資委員会(MIC)の報告書によると、2017年度(17年4月~18年3月)に全国で外国企業32社がミャンマー事業から撤退し、MICに事業免許を返却した。各社の資産は合計で約8,260億チャット(約586億7,600万円)に達するという。

イレブン(電子版)が11月25日に伝えた。分野別では、工業が12社、建設が8社、ホテルを含む観光と畜産・漁業がそれぞれ3社、運輸と住宅開発がそれぞれ2社、サービスと工業団地開発がそれぞれ1社の計32社だった。

地域別では、最大都市を抱えるヤンゴン管区が最も多い20社。このほか、北部カチン州が3社、中部のマンダレー管区とバゴー管区、北西部ザガイン管区がそれぞれ2社、西部ラカイン州、北東部シャン州、東部モン州がそれぞれ1社だった。

ヤンゴン管区からは工業11社、ホテル・観光3社、住宅開発と畜産・漁業の各2社、運輸、工業団地開発の各1社が撤退。総資産額は約4,200億チャットに上る。

事業免許返却の理由は、不安定な電力供給状況や輸送コストの高さ、熟練労働者の不足、長期投資向けの土地確保の難しさなど。17年度は新規外国直接投資(FDI)の流入も減少している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

低価格住宅の不足が深刻化 ADB、ヤンゴン人口増で警鐘(06/27)

マンダレー、華為との事業提携を見直しへ(06/27)

紛争地のネット遮断、国連報告者が非難(06/27)

ラカイン州議会、ネット接続遮断解除を要請(06/27)

自動車部品の輸入許可を拡大、組立業を支援(06/27)

厦門航空、ヤンゴン直行便の運航開始(06/27)

銀行口座の開設希望者が増加=VISA調査(06/27)

チン州、アウン・サン将軍像の設置取り止め(06/27)

シュエマン新党、結成2カ月で党員10万人(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン