ジョージ・ティー氏死去、財閥GTの創業者

フィリピンの財閥GTキャピタル・ホールディングスの創業者で、トヨタ自動車と現地合弁事業を手掛けるなど多くの日系企業と関わったジョージ・ティー氏が23日、死去した。膵臓(すいぞう)がんを患っていた。86歳だった。告別式は、25日からマニラ首都圏タギッグ市のヘリテージ・…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国産ハイブリッド鉄道車両、3月から試験(18:44)

18年3QのGDP成長率、6.0%に下方修正(16:44)

民間業者、コメ120万トンの輸入を申請(16:48)

テイクオフ:フィリピンにはバスケッ…(01/23)

プライバシー権、認識足りず マニラのシンポで識者が警鐘(01/23)

「マニラ信金会」初開催、現地支援を強化(01/23)

22日為替:$1=52.930ペソ(↓)(01/23)

航空電子、車載カメラ向けコネクタ生産開始(01/23)

サンミゲル、ケソン州にセメント工場を提案(01/23)

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン