• 印刷する

テイクオフ:数年前から普段履きにゴ…

数年前から普段履きにゴム製サンダルを愛用するようになった。夕方になると足がむくみやすいが、これなら幅に適度なゆとりがあって問題なく、なおかつ底の凹凸加工が滑り止めの役割を果たしていて歩きやすい。雨に濡れても安心だ。体裁さえ気にしなければ、南国のシンガポール生活で重宝する。

しかし最近、欠点に気付いた。このサンダルを履きながら金属に触れると、静電気が発生しやすいのだ。湿度は高いはずなのに不思議に思って調べてみると、ゴムなど電気を通しにくい素材を使った履物では、体内の電気が地面に放電されず静電気が発生するのだとか。「疲労の蓄積」も静電気を発生させる原因の一つのようだが、自分の場合は発生し始めた時期を考えると、サンダルに原因があると思われる。

静電気は身体によくないといわれる。履きやすさをとるか、健康をとるか、難しい選択だ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:どこの国にも迷惑なご近…(06/25)

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

オフィス賃料の上昇基調続く 向こう3~5年、再開発物件軸に(06/25)

双日と大阪ガス、天然ガス供給で合弁(06/25)

5月のインフレ率0.9%、4カ月連続で加速(06/25)

技術・医療系企業、新卒採用がなお活発(06/25)

現代自、シンガポール交通大手にEV供給(06/25)

17年以降のIPO銘柄、7割が公募価格割れ(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン