• 印刷する

テイクオフ:弁護士をしている親しい…

弁護士をしている親しいオージーのパパ友が最近、大手銀行に転職した。彼は小さな弁護士事務所のパートナーをしていたが、事務所の株を売り払ってまでの大きな決断だった。そこでランチがてら、新しい職場はどうだと本人に聞いてみた。

すると彼は、出張ばかりで超多忙だった生活から、とりあえずは落ち着いた生活になったとは言うものの、初日に驚きの展開が待っていたという。彼の初出社の日に、彼を引き抜いた上司としばし話した後、その上司がその日になぜか解雇されたという。一体何が起きたのか分からないので、いささか不安だという。

小さな会社で超多忙ながらバリバリやっていた生活と、大企業で安定しながらもいつ何が起きるか分からず不安な生活――。彼は「結局、トラブルが無くなる時はないってことだね」と自虐的に笑っていた。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:集合住宅の管理組合から…(07/16)

豪資源業界の給与、大幅上昇 全産業比較で5位内に(07/16)

BHP、一般炭事業の放出検討中?(07/16)

リオ、豪リチウム企イオニア買収計画か(07/16)

豪LNG価格交渉、値下げ要求で強硬手段も(07/16)

豪経済、刺激要因多く効果発揮近い=デロイト(07/16)

金融苦情局に非協力の金融業者、免許剥奪も(07/16)

EUとの貿易交渉、貿易相「サービス分野も」(07/16)

豪金融機関11社、価値のない信用保険を販売(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン