• 印刷する

テイクオフ:レシートと釣り銭の確認…

レシートと釣り銭の確認は、フィリピンの鉄則かもしれない。タイで数年前、友人がコンビニのレジの前で長い確認作業を始めたときは、「そんなに疑っては失礼だろう」と首をかしげた記憶がある。当地でつり銭間違えラッシュに遭い、考えをあらためた。

小売店における、購入した商品のダブルカウント、おつりの少額紙幣へのすり替え、渡した1,000ペソ紙幣の100ペソ紙幣としての処理、などなど「うっかり」の数々。だまされたことに後々気付き、枕をぬらしたことも、2回ある。決して大損害ではないのだが、もう繰り返したくはない。

不毛な戦いに終止符を打つ電子決済時代は、まだか。配車サービスは問題ないが、小売店ではまだ「通信エラーで使えません」で現金払いとなることが、よくある。公共料金支払い専用となっている決済アプリは、まだ真価を発揮していない。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12:33)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

民間航空庁、国内各空港で年末特別態勢(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン