【2018決戦宝島】台中市・南投県 台中市、民進党現職の林佳龍氏が苦しい戦い

■台中市 立候補者 林佳龍(54)民進党 盧秀燕(57)国民党 宋原通(59)無所属 市内各地で再開発が進み、人口も増えている台中市。最新の統計では高雄市を抜いて台湾第2の人口を擁する自治体となった。 1997年に民主進歩党(民進党)候補が当選する以前、台中市長ポス…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

IMF、台湾経済の成長率予測を下方修正(12:44)

テイクオフ:ミャンマー中部のバガン…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

量販店販売が2000億元超へ 19年予測、価格競争が激化(10/16)

電動バイクシェアサービス、南部に拡大(10/16)

食品商談会、道が輸出1500億円目指しPR(10/16)

自転車大手2社、9月はともに増収(10/16)

国産建材実業、中国のセメント市場撤退(10/16)

アップル、鴻海の工場でスマホ生産開始(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン