翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴

ミャンマー第2の都市マンダレーの翡翠(ひすい)販売業者らが、中国の取引業者による激しい値引きに悲鳴を上げている。無料チャットアプリ「微信(ウェイシン、WeChat)」を使った中国との取引で、不当に安い価格で翡翠を販売する業者もいるという。フロンティア・ミャンマー(電…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン―ピー線の改修工事、年初に入札へ(17:43)

ヤンゴン開発への仏融資、連邦議会で否決(17:43)

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

テレノール、欧州信用情報サービスと提携(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

鉄鋼需要が年12%成長、国内生産追いつかず(12/17)

国内初の信用調査機関、19年末の稼働目指す(12/17)

採掘免許の申請増、大半が不備で受理されず(12/17)

インド支援の農業教育研究センターが開所(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン