半導体や石化、19年は後退局面の予想

韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院はこのほど公表した報告書で、2019年の韓国経済は下振れが続くとの見方を示し、経済をけん引する主要産業も見当たらないとした。 報告書によると、19年の世界経済は成長の活力が徐々に低下し、下降局面となる可能性が高い。韓国も輸出の鈍…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(17:04)

アモーレパシフィック、仏工場を売却(17:47)

現代重工労組、大宇造船買収反対でスト決定(21:33)

業績好調の錦湖石油化学、生産設備の増設へ(16:53)

韓国のクク電子、浄水器でインドネシア参入(21:46)

テイクオフ:仁川に「ベトナムのメッ…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

柔軟就業の単位期間延長合意 労働時間短縮、企業負担の軽減へ(02/21)

労働時間短縮で雇用40万人減、民間研究所(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン