• 印刷する

イオンクレジット、保証社債21億円を発行

イオンフィナンシャルサービスのフィリピン現地法人、イオンクレジットサービス(フィリピン)は16日、アジア開発銀行(ADB)などが信用保証する社債10億ペソ(約21億4,000万円)相当を発行した。「ASEAN+3債券共通発行フレームワーク(AMBIF)」の下、「信用保証・投資ファシリティー(CGIF)」が保証を供与する社債の発行はフィリピンでは初めてとなる。

社債で調達した資金は、同社の三輪タクシー(トライシクル)向けオートローンや個人融資、家電など耐久消費財の割賦サービスなど、主に銀行口座を持たない消費者向けサービスの原資に充てる。償還期限は2021年と23年の2回。

ADBの声明によると、沢田康幸チーフエコノミストは「外貨ではなく現地通貨による借入が増えれば、国内の金融市場の安定化に寄与する」と指摘。同様の債券発行が今後も続くことに期待を示した。

CGIFは10年、域内企業が発行する社債に保証を供与することで現地通貨建て債券の発行を支援し、域内債券市場の育成に貢献することを目的に、ADB、東南アジア諸国連合(ASEAN)、日中韓の3カ国(ASEANプラス3)により設立された。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

ボトル再生工場、1月着工 コカ・コーラ、東南ア初(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

11月の物価上昇率1.3%、6カ月ぶり加速(12/06)

製造業活性化に300億ペソ必要、貿産省(12/06)

証取の清算子会社、英社の決済システム導入(12/06)

10月の失業率4.5%に低下、統計庁(12/06)

10月の工業生産、11カ月連続で前年割れ(12/06)

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ(12/06)

〔ミ島通信〕日本が技術支援、道路整備事業(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン