• 印刷する

フィンテック・フェスティバル、4.5万人参加

シンガポール金融管理庁(MAS)は19日、同国で12~16日に開催された世界最大級のフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)のイベント「フィンテック・フェスティバル2018」に、世界約130カ国・地域から4万5,000人近くが参加したと発表した。これは過去2回を上回る数字。

14日まで東部の大型展示場シンガポール・エキスポで行われた展示会には500近くの企業・団体が出展。うち6割ほどが海外からだった。国・地域別のパビリオンを出したのは、米国、カナダ、英国、日本、韓国、香港、インドなど16カ国・地域に上る。

同じく14日まで3日間にわたって開かれた国際会議「フィンテック・カンファレンス」には、インドのモディ首相、カナダのトルドー首相、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事、シンガポールのヘン・スイキャット財務相、MASの理事を兼務するオン・イークン教育相などが出席している。

5日間の会期中、各種の講演などには250人余りが登壇した。

フィンテック・フェスティバルはMASが主催。シンガポール銀行協会(ABS)などが協力する。2016年に始まり、今年で3回目。来年は11月11~15日に開催される予定だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染5727人、6日ぶり高水準(24日)(11:46)

アンダーワークス、現地社を買収(11:27)

テイクオフ:オフィス勤務が本格的に…(05/25)

〔アジア人事〕日本軽金属など(05/25)

高級リゾートホテルで存在感 建築設計ブリンク、創設者に聞く(05/25)

グラブ金融部門、新ブランド立ち上げ(05/25)

大和PI、保険テック企業に出資(05/25)

陸運大手コンフォート、教習所でEV導入(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン