• 印刷する

19年の州最低賃金、33州で決定

インドネシアで来年適用される州最低賃金(UMP)が、全国34州のうち北マルク州を除く33州で確定した。16日付ニュースサイト『トリビューンニュース』が伝えた。

上昇率は33州すべてで、ハニフ労働相が先に発表した来年のUMP引き上げ率8.03%となった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

生理用品大手、来年カラワンで第3工場稼働(17:30)

マスターカードがデジタル人材育成コース(15:29)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(15:11)

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(16:43)

テイクオフ:某地図アプリでも表示さ…(12/12)

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

村田製作所がデータビジネス 首都で交通量測定、商用化へ(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

村田製作所の津守氏に聞く(12/12)

シャープ、新型スマートテレビ2種を発売(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン