中部発電、インドネシアの水力発電所新設

韓国電力公社の子会社、韓国中部発電が、インドネシア・スマトラ島南端のランプン州で水力発電所を完成させた。総事業費は約1億9,000万米ドル(約214億円)で、設備容量は約55.4メガワット(MW)規模。中部発電が建設、所有、運営を手掛ける。亜洲経済新聞が伝えた。 中部発電…

関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(14:12)

テイクオフ:仁川に「ベトナムのメッ…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

柔軟就業の単位期間延長合意 労働時間短縮、企業負担の軽減へ(02/21)

労働時間短縮で雇用40万人減、民間研究所(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

昨年12月経常収支、48億米ドル黒字(02/21)

対インドの貿易額、増加率で世界平均下回る(02/21)

公共企業の不正採用182件、政府が1205社調査(02/21)

ハナ金融、SKTとネット銀行参入へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン