中部発電、インドネシアの水力発電所新設

韓国電力公社の子会社、韓国中部発電が、インドネシア・スマトラ島南端のランプン州で水力発電所を完成させた。総事業費は約1億9,000万米ドル(約214億円)で、設備容量は約55.4メガワット(MW)規模。中部発電が建設、所有、運営を手掛ける。亜洲経済新聞が伝えた。 中部発電…

関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

ジョリビー越展開、拡大期に 本国フィリピンの「再現」に自信(07/23)

韓国企業、格付け軒並み悪化 輸出規制強化で先行きも不安(07/23)

韓国与党「経済侵略本格化」と批判(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

WTOに韓国も高官派遣、日本に対抗(07/23)

LCC9月から運休へ、佐賀と熊本(07/23)

韓国高陽市が交流延期、函館市と姉妹都市(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン