旅客伸び率が過去5年で最低 ヤンゴン空港、前年比2.5%に減速

ミャンマー最大都市のヤンゴン国際空港を利用する旅客数の伸び率が今年、大きく縮小することが19日までに分かった。空港運営会社のヤンゴン・エアロドローム(YACL)は、18年1~12月の旅客数を約600万人と予測。右肩上がりは維持するものの、前年比での伸び率は2.5%にとどま…

関連国・地域: ミャンマーASEAN米国欧州
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国直接投資に復調の兆し 18年度12億ドル、目標の22%に(02/19)

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(02/19)

米企業、金融や教育分野の投資に関心(02/19)

マンダレー、ごみ収集車にIT管理システム(02/19)

高付加価値の農産品、韓国への輸出促進協議(02/19)

ミャンマーとラオス、電力協力で閣僚級会合(02/19)

新興リサイグロ、北欧企業から資金調達(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

シャン州ピンダヤに農業学校、ドイツが協力(02/19)

【ミャンマー進出関連法】地場銀行の外資受け入れ許可 第177回(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン