• 印刷する

テイクオフ:テイクアウトのコーヒー…

テイクアウトのコーヒーを片手に散歩――。韓国のオフィス街を歩いていると、このような会社員をよく見かける。韓国人の友人は「それが社会人のイメージであり、憧れ」と話す。それだけに、韓国のコーヒーの消費量は非常に多い。

ある統計によると、ここ10年間でコーヒーの輸入量は8倍に増え、毎日3,700万杯のエスプレッソが消費されているという。最近では、スターバックスなどフランチャイズチェーン(FC)だけでなく、個人経営のカフェも増えてきた。韓国メディアは時々、「韓国はコーヒー共和国」と形容するが、確かにそうかもしれない。

ただ、コーヒーショップが増えたことで、すでに市場は飽和状態。数年前に店舗数を急激に増やした地場カフェベネは、経営不振に陥ってしまった。今後は各社とも、激しい生存競争に巻き込まれそうだ。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:選手交代は監督の思惑を…(06/19)

現代自EVの世界販売急増 コナが起爆剤、中印でも発売へ(06/19)

SKTとサムスン電子、6G開発で提携(06/19)

韓国LVMC、中国重汽の生産販売を開始(06/19)

サムスンが5G機器に注力、研究人材を増員(06/19)

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請(06/19)

5G基盤のV2X技術、KTが実証実験(06/19)

自動車部品サンダー、韓国同業と合弁契約(06/19)

ジェネシス初のSUV、11月に発売へ(06/19)

ネクセンタイヤ、米アクセラレーターと提携(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン