中国「半導体談合の証拠」、サムスンとSK

中国の国家市場監督管理総局は16日、韓国のサムスン電子、SKハイニックスが、中国のメモリー半導体市場で独占行為を行っている証拠を確保したと発表した。米マイクロン・テクノロジー含めた3社が中国の「反独占法」に違反したと判定されれば、高額の課徴金などの制裁措置も予想…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

韓国勢がEV電池の生産増強 LGが吉利と合弁、需要に対応へ(06/14)

韓銀の李総裁、年内利下げを示唆(06/14)

韓国―ノルウェー、北極研究の協力でMOU(06/14)

大企業の監査法人が来年一斉交代か、法改正(06/14)

現代・起亜、米自動運転オーロラに戦略投資(06/14)

韓国雑貨店「JAJU」、HCM市に初出店(06/14)

ルノーサムスンで賃金交渉妥結、労組スト撤回(06/14)

5月自動車産業、新車効果で生産・輸出増加(06/14)

SKC、EV電池用銅箔メーカーを買収(06/14)

LG電子、印発電所に冷房システムを供給(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン