• 印刷する

上海マラソン、外国籍参加者は6000人超

第23回上海国際マラソンが18日、上海市で開催された。フルマラソン、10キロメートル、ジョギングの3種目に合計3万8,000人が参加。このうち外国籍の参加者は6,000人を超えた。ニュースサイトの上観新聞が伝えた。

ランナーらは午前7時、上海の観光地である外灘(バンド)の広場をスタート。小雨が降る中での競技となり、雨がっぱを着て走る選手の姿も見られた。

フルマラソンの優勝者は男女ともエチオピアの選手だった。このうち女子優勝者は2時間20分37秒でゴールし、大会記録を更新した。

上海マラソンに参加し、走りながらカメラに向かってポーズをとるランナー=18日、上海市(新華社)

上海マラソンに参加し、走りながらカメラに向かってポーズをとるランナー=18日、上海市(新華社)


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:周囲は傘、傘、傘でなか…(07/16)

韓進造船所、国際港に転換 債権団が提案、日米など関心か(07/16)

2Q経済成長6.2%、0.2P縮小 92年以降で最低、通年目標は超過(07/16)

条例巡る衝突、大湾区政策に不利か=地元紙(07/16)

6月の鉱工業生産6.3%増、伸び率1.3P拡大(07/16)

インフラ2件の変更を承認、経済開発庁(07/16)

シアヌークビルに中国領事館開設へ(07/16)

2Qの設備稼働率は76.4%、1年ぶりに上昇(07/16)

林鄭長官「誠意持って任務遂行する」(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン