シドニーとメルボ、住宅価格に暴落の恐れ

オーストラリアの2大都市、シドニーとメルボルンの住宅価格が2019年末までに、ピーク時から12~17%下落してリセッション入りの引き金となる恐れがある――。調査会社SQMリサーチが警鐘を鳴らしている。ネガティブ・ギアリングが撤廃された場合、20年までに最大30%下落するこ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

〔ポッサムのつぶやき〕えっ、豪での夏季五輪開催はムリ?(17:56)

資産100億$超の豪人は6人、FMG会長ら(17:56)

〔オセアニアン事件簿〕注意!WA州で偽50豪ドル札出回る(17:56)

テイクオフ:久しぶりに日本に一時帰…(06/17)

優秀な日本の住宅産業に学べ 日豪の業界団体が協力覚書(06/17)

NSW州政府、中密度住宅の建設促進へ(06/17)

豪高層住宅は欠陥だらけ!報告書が指摘(06/17)

豪準備銀、来年は史上最低0.5%に利下げか(06/17)

〔政治スポットライト〕金融相、所得税減税支持を求め労働党に圧力(06/17)

帝人、豪と共同でアジア向けに機能性大麦販売(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン