• 印刷する

〔政治スポットライト〕NZ、日米豪とパプアの電力通信拡充支援

ニュージーランド(NZ)のアーダン首相は18日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に参加するために訪れたパプアニューギニアで、安倍首相や米国のペンス副大統領、オーストラリアのモリソン首相とと共に、パプアニューギニアの電力と通信関連インフラ施設の拡充を支援すると発表した。

5カ国は連携して、2030年までにパプアの人口の70%に送電網や光ファイバーを利用したブロードバンド通信回線の敷設を行うとした。パプアでは現在、送電網を通じた電力利用が可能な人口は13%となっている。5カ国は、インフラ支援でパプアへの影響力を強める中国に対抗したい考えのようだ。

■スケジュールに遅れ

アーダン首相は当初、パプアのオニール首相と会談する予定だったが、スケジュールが遅れているとしキャンセルした。

■シンガポールとのEPA見直し

アーダン首相は、先週シンガポールで開催された東アジアサミットに参加した際、マレーシアのマハティール首相のほか、シンガポールのリー・シェンロン首相とも会談した。両首相はNZシンガポール経済連携協定(EPA)の内容を見直すことで一致した。実現すれば、NZ人がシンガポールでビザがなくても滞在できる期間が、これまでの1カ月から3カ月となる。また、シンガポールは、同国に拠点を持つNZ企業に対し、NZ人社員の滞在ビザを5年から8年に延長する。

シンガポールでは安倍晋三首相とも会談し、環太平洋連携協定(TPP)発効後の貿易拡大での協調などを話し合った。また、アーダン首相は、中国の李克強首相とも会談。NZと中国が締結している自由貿易協定(FTA)の内容を改善することなどを話した。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン