• 印刷する

テイクオフ:台湾において選挙とは、…

台湾において選挙とは、世界最長の戒厳令の末に勝ち取った民主主義の意義を国民全体で確認するための祝祭である。祝祭にはそれにふさわしい主役が必要だ。前回2014年の統一地方選は柯文哲氏がトリックスターのごとく現れたが、今回はこれといった人物がおらず、盛り上がりに欠けていた。それが高雄市長選の国民党候補、韓国瑜氏の登場で一変する。

禿げ頭のさえないおじさんといった風貌とは裏腹に、自他ともに認める愛妻家で、美人の娘も2人いる。党派性を薄め、たくみな演説とネットを駆使した戦略で、高齢者から若者まで幅広く支持を獲得。最初は泡沫候補扱いだったのが、気が付けばテレビも新聞も韓氏ばかりを追いかけている。

道化などではなく、相当な策士であることは間違いない。今週末はいよいよ投票日。韓氏の言う「この20年で衰退してしまった」高雄の復活祭となるだろうか。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年に入り、台湾で児童…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

和泰汽車、日本仕様の新型プリウス投入(02/21)

台北の工作機械見本市、商機は20億米ドル(02/21)

「蝦皮」での県市別消費額、18年は彰化が最高(02/21)

電源デルタ、自動車用好調で18年は4%増益(02/21)

台湾ファミマ、沖縄県産鶏卵の販売開始(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン