• 印刷する

テイクオフ:「1キログラム」の定義…

「1キログラム」の定義が来年、改定される。これまでは白金とイリジウムの合金でつくられた物質的な分銅が国際基準となってきた。このキロ原器が誕生したのは約130年前。質量にわずかな狂いが出始めたことで改定に踏み切った。定義に誤差が生じると科学技術はもとより、産業や経済に混乱を来しかねない。

新たに導入されるのは「プランク定数」と呼ばれる物理的な定数。「公式」であるため、分銅のような腐食もなければ、誰もが所有できる。エネルギーや速度変化も重さでの等価で示すことができ研究の多様化が期待されている。

世界で理数系の学生は中国やインドに多い。人口比だけでなく国が施策として重視しているためだ。この国の首相も来年度予算案で教育を重視し、基礎からカリキュラムを見直す方針だ。世界が1キロに「公式」で向き合う19年以降、その重みは無限だ。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

初任給希望額は2千リンギ カザナ、若者の就労意識調査(12/14)

RM=27.1円、$=4.18RM(13日)(12/14)

プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

プロドゥアの社長退任、後任はザイナル氏(12/14)

ベルマツオート、第2四半期は2.9倍増益(12/14)

アラム・マリティム、潜水作業を受注(12/14)

サイパーク、クダ州などの太陽光発電所受注(12/14)

建設プロタスコ、SUKE建設の受注解約(12/14)

不動産開発エコワールド、通期は21%減益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン