19年の昇給率は5.3%=エーオン調査

米組織人事コンサルティング大手のエーオン(Aon)が実施した給与・人事制度調査(TCM)によると、2019年のタイの昇給率は5.3%で、18年の5.2%から上昇する見通し。16日付バンコクポストなどが報じた。 昇給率が最も高い業種は製薬で、7.2%だった。また18年の離職率は16.…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年来バンコクでは子連…(07/15)

飛騨牛革や靴、越売り込みへ 日本の中小、拡大する市場に挑戦(07/15)

日系リユース店がタイで盛況 低価格・高品質、廃棄減に貢献も(07/15)

無印良品、サムヤンミットタウンに出店へ(07/15)

全日空、バンコク―東京線が就航30周年(07/15)

ASUSのゲーミングPC、東南アで首位(07/15)

ピンク線の工事進捗率33%、21年10月開通へ(07/15)

路線バスBMTA、5千人削減は3年で実施(07/15)

グラブ、南部トラン県で配車サービス開始(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン