ofoが訴訟ラッシュに直面、破綻は否定

資金繰りの悪化が伝えられている中国自転車シェアリングサービス大手の北京拝克洛克科技(ofo)が、訴訟ラッシュに直面している。苦境打開の糸口はなお見つかっていないが、創業者の戴威・最高経営責任者(CEO)は「経営破綻することはないが、それ以外はあらゆる可能性があ…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:携帯キャリアから久しぶ…(12/09)

米産大豆など、報復関税免除 貿易協議にらみ柔軟姿勢か(12/09)

韓国がEV電池で覇権狙う LGとGM合弁、現地生産を加速(12/09)

中国11月新車販売、日系3社好調も日産苦戦(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

有望投資先、越が6年連続1位=日本公庫(12/09)

11月の貿易0.5%減、7カ月連続マイナス(12/09)

香港米国商会トップ、マカオ入境拒否される(12/09)

来年も安定成長を堅持、中央政治局会議(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン