ロスマ夫人、太陽光発電を巡る収賄で初公判

マレーシア・サラワク州の遠隔地にある学校369カ所でのハイブリッド型太陽光発電事業を巡る収賄事件の初公判が15日に開かれ、ナジブ前首相夫人のロスマ・マンソル氏は罪状認否で無罪を主張した。16日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。 ロスマ夫人は2016年、教育省から事業…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン