通威、成都の太陽電池工場第3期を稼働

四川省成都市に本拠を置き、新エネルギー事業を手掛ける通威は16日、成都双流区西航港経済開発区で建設していた結晶シリコン系太陽電池の第3期工場がまもなく稼働すると発表した。年産能力は3.2ギガワット(GW)規模を見込む。 同社は2017年末に第3期に着手し、今月完成させた…

関連国・地域: 中国-四川
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

テイクオフ:英国生まれで中国でも人…(02/18)

18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み(02/18)

現代自、過剰生産が深刻に 中国工場の稼働率は5割以下に(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

米中貿易協議は継続 今週米首都で、期限前合意目指す(02/18)

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/18)

鴻海がハイパワーチップ工場、中国済南市に(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

AD措置を正式決定、ブラジル産の鶏肉(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン