• 印刷する

テイクオフ:ここは大丈夫かなとじっ…

ここは大丈夫かなとじっくり品定め。路線バスで最近、座る前に座席の異物を必ず確認するようになった。香港では今年に入り、何者かが座席に針を刺し、知らずに座った乗客が負傷する事件が発生。容疑者が捕まった後も同様の事件は続いており、模倣犯がいるとみられる。

かつて住んだ中国では、すり防止のためかばんを前で抱えていた。フィリピンでは見知らぬ人からの声掛けをかわす術を覚え、車優先社会の香港ではコーナーを攻める車両がいないか、道路の横断時に首が疲れるほど左右を確認するくせがついた。おかげで、たまの帰国時にこれらの動作がふと出てしまい、変な目で見られる時がある。ここに、バスの座席観察が新たに加わった。

生活の知恵といえば聞こえはいいが、そんな自分をほめていいものかどうか、いまだ判断が付かない。挙動不審ぶりは今後も増していくだろうけど。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン