• 印刷する

《日系進出》新興プランテック、事務所開設

プラントの保全(メンテナンス)やエンジニアリングサービスを手掛ける新興プランテック(横浜市)は15日、ハノイに駐在員事務所を開設した。

ハノイ駐在員事務所は、ドンダー区デラタイン通りのオフィスビル、アイコン4タワーに入居する。市場調査や情報収集を通じて、事業展開の可能性を検討していく。同社は、海外事業戦略で中国と東南アジアに進出している日系企業を中心とした受注に注力しており、新規進出先を検討していた。

新興プランテックは、2000年に新潟工事と三興製作所が合併し設立された。国内外で石油精製、石油化学、一般化学、医薬、食品、電力、鉄鋼など幅広い分野のプラントの保全を手掛けるほか、改造・改修、新設工事などにも対応している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

印との繊維貿易に期待高まる AITIGA、綿糸など関税撤廃(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

ビンファスト、SUVを海外に試験出荷(03/25)

越ビングループに10億ドル出資へ、SK(03/25)

ロンタイン空港、5月末がFS報告提出期限(03/25)

韓国の仁川港湾公社、HCM市に事務所開設(03/25)

小売りスペースの入居状況に変化=JLL(03/25)

東北電力、ギソン2石炭火力発電事業へ出資(03/25)

中南部のガス火発案件、複数の外資が関心(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン