• 印刷する

ナザ、GM「シボレー」の販売事業から撤退

ナザ・グループの子会社で、米ゼネラル・モーターズ(GM)から「シボレー」ブランド車のマレーシア独占販売代理店に指定されているナザ・クエストは14日、同日をもってシボレー車の販売事業から撤退するとの声明を発表した。15日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。

ナザ・コーポレーション自動車部門の最高経営責任者(CEO)、サムソン・アナンド・ジョージ氏は、「販売終了は合理化の一環で、長期的な視野に立って持続性や収益性を考慮した結果」と説明。「今後も、その他の四輪・二輪車で市場シェア拡大に努める」と話し、自動車業界での躍進に意欲を示した。

新規販売は終了するが、新たな販売代理店が決定するまでディーラーは営業を続け、既存顧客にアフターサービスを提供する。

GMのバンチャナ・ウナクル・ゼネラルディレクター(東南アジア担当)は声明で、「できるだけ早くマレーシアでの販売を再開できるよう、新たな提携先と交渉を続ける」とコメントした。


関連国・地域: マレーシア米国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ス州のダム貯水率85%以上、渇水対策不要(17:43)

テイクオフ:昼時の半額セールにつら…(03/26)

中国から戦闘機購入も辞さず パーム油協議混迷、首相怒り心頭(03/26)

RM=27.0円、$=4.07RM(25日)(03/26)

ハイビスカス、19年は油井8本を掘削へ(03/26)

MAHB、KLIA拡張に向けて調査実施(03/26)

エアバス、マの年間売上5.5億ドル見通し(03/26)

廃棄自動車規制、自動車政策に盛り込み(03/26)

ワーション、韓国製建機を全国独占販売へ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン