中国化の疑念、貢献で消したい フォレスト・シティーの今(下)

マレーシアとシンガポールを隔てるジョホール海峡に生まれた人工都市「フォレスト・シティー」は今、建設産業の振興や雇用創出などを通じた「マレーシアへの貢献」実績を強く訴えている。マハティール首相をはじめとする「中国化」懸念を払拭(ふっしょく)するためだ。今後は、政…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

ス州のダム貯水率85%以上、渇水対策不要(17:43)

テイクオフ:昼時の半額セールにつら…(03/26)

中国から戦闘機購入も辞さず パーム油協議混迷、首相怒り心頭(03/26)

RM=27.0円、$=4.07RM(25日)(03/26)

ハイビスカス、19年は油井8本を掘削へ(03/26)

MAHB、KLIA拡張に向けて調査実施(03/26)

エアバス、マの年間売上5.5億ドル見通し(03/26)

廃棄自動車規制、自動車政策に盛り込み(03/26)

ワーション、韓国製建機を全国独占販売へ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン