彦臣の糖尿病網膜症治療薬、2年内に臨床試験

新薬の研究開発(R&D)を手掛ける彦臣生技薬品(NBM)が、新たに糖尿病網膜症治療用の目薬「E01」の開発を進めると明らかにした。同薬の開発に当たり、台湾で「緑内障薬の父」と呼ばれる邱春億氏を招へい。2年以内の臨床試験開始を目指す。13日付工商時報などが伝えた。 …

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅マンションのエレベ…(07/22)

中国人客の訪台に急ブレーキ 6月、エバー航空のスト影響(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

エバー航空の上期旅客微増、スト響く(07/22)

研華、日本ラッドと医療IoT市場開拓へ(07/22)

サンマ漁獲枠導入で初合意、資源回復へ前進(07/22)

LEDの栄創、米クリーとライセンス契約(07/22)

中華汽車が電動二輪新車投入、ゴゴロに対抗(07/22)

遠伝がゴゴロと協業強化、割引サービス提供(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン