• 印刷する

豪エナジーラボ、再生エネ事業拡大を計画

オーストラリアのエナジーラボは、カンボジアの5州で展開する再生エネルギー事業を他州にも広げていく考えを示している。クメール・タイムズ(電子版)が13日に伝えた。

カンボジアを統括するエナジーラボのブリジット・マッキントッシュ氏は「昨年から3年計画で開始した5州での試験事業が成功すれば、他の州へも拡大する」と語った。

エナジーラボは、カンボジア鉱業・エネルギー省と協力し、風力・太陽光・バイオマスを活用した発電事業を進めている。現在事業を展開しているのは、カンポット、カンダル、スバイリエン、タケオ、プレイベンの5州。

マッキントッシュ氏は「カンボジア政府には国民に再生エネ活用を奨励してほしい」とも訴えた。これに対し、カンボジア環境省の高官は「再生エネの利用拡大には国民の意識改革が必要だ。政府も優遇措置を設けるなど、エネルギー利用の効率化を促している」と話した。


関連国・地域: カンボジアオーストラリア
関連業種: 化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

特定技能の円滑運用へ覚書 日カンボジア、悪質業者を排除(03/27)

商業相、米企業に投資呼び掛け(03/27)

電力不足で便乗値上げ、政府が改善要請(03/27)

中銀、経済活性化へリエルの利用推進(03/27)

事故車再生工場を摘発、車両15台押収(03/27)

18年の保険総収入30%増、営業は20社(03/27)

中国との軍事演習が終了、過去最大規模(03/27)

EU制裁巡る調査に慎重意見 アディダス、発動なら生産移管も(03/26)

政府が民間企業から買電計画、電力不足対策(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン