• 印刷する

新省の名称、投資・対外経済関係省に

ミャンマーのウィン・ミン大統領は12日、新たに「投資・対外経済関係省」を設置することを連邦議会に提案した。国内外からの投資の拡大を図る目的。電子メディアのイラワジが13日伝えた。

大統領は議会宛ての文書で「国連をはじめとする国際機関など外部の支援と協力を獲得するために新たな省庁を設置する必要がある」と説明した。ミャンマーでは景気停滞に加え、西部ラカイン州の少数民族ロヒンギャ問題で外国企業や投資家が同国への投資をためらう懸念が強まっている。

大統領は大臣候補の名前は挙げていないが、政府関係筋では、ミャンマー投資委員会(MIC)の委員長を務めるタウン・トゥン連邦政府相の起用が濃厚だとみられている。

連邦議会は15日に同提案を審議する予定。投資・対外経済関係省が新設されれば、中央省庁の数は25となる。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

断罪の一方的裁判続く、ロイター記者逮捕から1年(12/11)

中国産の豚肉輸入を一時停止、伝染病予防で(12/11)

汚職撲滅、省庁部局ごとでも取り締まり強化(12/11)

マンダレー工業団地でデモ、労働当局に反発(12/11)

マンダレー~ミッチーナ間に急行運行へ(12/11)

税制改革が一定の成果、システムの改善必要(12/11)

ヤンゴン空港シャトルバス、24時間運行に(12/11)

リゾート大手、調理用ストーブ支給を支援(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン