• 印刷する

住商系SCSK、FPTとIT事業で協業

住友商事が主要株主でITサービスを手掛けるSCSK(東京都江東区)は13日、ベトナムのIT最大手FPTコーポレーションとアジア太平洋地域におけるITサービス事業で協業すると発表した。

両社は10月に包括的協働パートナーシップに関する覚書を締結。日系企業の海外進出支援や金融・車載分野の開発連携、SCSKの戦略製品の共同開発、グローバル人材の育成に加え、住友商事のアジア太平洋地域におけるITサービスの共同提供、SCSKと住友商事、FPTの3社での共同事業開発について協働推進することで合意した。

今年、創業30年を迎えたFPTコーポレーションは、従業員約3万3,000人を抱え、売上高は20億米ドル(約2,280億円)に上る。ベトナムや日本をはじめ21カ国・地域にデリバリーセンターを置き、世界の600以上の顧客にサービスを提供している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

繊維業界、機械や検品が活況 島精機、サービス武器に販売強化(07/17)

2Qの二輪車販売、4.4%減の75万台(07/17)

ベトラベル航空、20年10月の就航が目標(07/17)

ロンタイン空港、運輸省がFS報告書審査中(07/17)

日新電機が越3割増産、装置部品で域内分担(07/17)

縫製マツオカ、北中部にベトナム第4工場(07/17)

韓国農協銀が旅行社と提携、越QR決済促進(07/17)

食品PAN、製菓ビビカを公開買い付け(07/17)

台湾ミルクティー「テンレン」、営業終了へ(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン