受動部品の国巨、蘇州工場で大幅減産か

受動デバイス台湾最大手の国巨(ヤゲオ)が、中国江蘇省蘇州市に設けている工場で減産に踏み切ったとの観測が流れている。現在の稼働率は50%程度で、12月にはさらに30~40%まで生産能力を引き下げるとみられる。受動部品の需給ひっ迫で川下メーカーの製造に影響が出ていることに…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で、今年話題となっ…(12/11)

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

TSMCの11月売上高、単月過去3番目の水準(12/11)

エイサー傘下の宏星技術、VR開発計画中止(12/11)

自動車部品2社の売上高、11月はともに減収(12/11)

二輪車にABS装着義務化、19年1月から(12/11)

中鋼董事長、10年間で環境保護に400億元投入(12/11)

高雄林園工業区で2時間停電、損害は最小限(12/11)

鼎泰豊の英国1号店、ロンドンで開業(12/11)

繊維の力麗、彰化工場にリサイクル設備投資(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン