• 印刷する

初の国産電動スクーターを大統領にお披露目

国産電動スクーター「GESITS(グシッツ)」を試乗するジョコ大統領(中央、写真は内閣官房提供)

国産電動スクーター「GESITS(グシッツ)」を試乗するジョコ大統領(中央、写真は内閣官房提供)

インドネシアのバイクメーカー、グシット・テクノロジー・インド(GTI)の国産電動スクーター「GESITS(グシッツ)」が7日、ジャカルタの大統領宮殿でジョコ・ウィドド大統領にお披露目された。グシッツは、研究開発から販売まですべてインドネシア人の手で行われる初の国産電動スクーター。来年発売の予定。

グシッツは5,000キロワットのリチウムイオン電池を搭載、1回の充電で70キロの走行ができる。安全性を考慮して最大速度は時速80キロに制限している。

GTIのハルン最高経営責任者(CEO)は、来年の販売台数は年間製造能力の約80%に当たる4万台とみていると述べた。西ジャワ州ボゴール県チルンシの工場で生産される。GTIは、バリ州政府から既に1万台の継続注文を受けており、国営通信テレコムニカシ・インドネシア(テルコム)からも5,000台の注文を受けた。

また、子会社を通じてGTIとスクーター製造の合弁会社を設立した国営建設会社ウィジャヤ・カルヤのトゥミヤナ社長は、工場の年間製造能力を段階的に2倍の10万台に引き上げると表明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタ副知事、党支部が候補者絞る(02/15)

道路公団、空港行き高速道路の料金改定延期(02/15)

訪日旅行者を商業施設に誘致 三井不子会社、首都で説明会(02/15)

日本ハム、鶏・牛肉加工品を生産へ(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

アストラ、1月の自動車販売台数は8%減(02/15)

業界団体、首都の業種別最低賃金の撤廃要求(02/15)

MRT開業は3月24~31日の間に設定(02/15)

MRT2期工事の円借款、州政府が管理(02/15)

ガルーダ航空グループ、国内線を2割値下げ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン